SERVICE

ブランドオペレーションとは?

ブランディングを“伝える”から“動かす”へ

ブランド体験の計測・可視化、最適運用サイクルでブランドの継続的な成長を生み出す。

  • 生活者の行動変化を先端ツールを活用しデータを計測、可視化
  • 分析データをしたブランドコミュニケーションを展開
  • ブランド価値の本質的な成長を生み出す運用サイクルを実現
強み
お問い合わせお問い合わせ
オフィスイメージ

PARTNER

分析パートナー

我々が目指すのは、単なるビジネスの効率化やPDCA運用だけではなく、新しいブランド体験の創造を含めた、ブランド価値の本質的な成長です。そのために外部パートナーとの連携を強化していきます。

トランスコスモスの運用能力と、外部のクリエイティビティを掛け合わせ、ブランド価値の新たな可能性を開拓していきます。さらに、その変革の精度を高めるサイクルを構築し、新しい時代のブランド価値運用サイクルを実現させます。

sprinklrのロゴ

SNS上の生活者行動を可視化し、
ブランド体験につながる分析、運用が可能

amplitudeのロゴ

ユーザー軸でのユーザー行動分析を行い、
ユーザー起点でのブランド体験設計が可能

協力パートナー

RIGHTS APRTMENT

ストラテジックプランニング
クリエイティブディレクション

株式会社ひろろ

クリエイティブディレクション
コピーライティング

株式会社M7

UX&ブランドデザイン
クリエイティブディレクション

株式会社サトル

イベントプランニング
プロモーションプランニング

株式会社マテリアル

PRプランニング

MAJIMA Yoshikazu
MAJIMA Yoshikazu
CEO
2004年に株式会社博報堂に⼊社。国内⼤⼿電機メーカーを担当し、カンヌクリエイティブフェスティバル2度受賞など、国内外の広告賞にて受賞多数。その後、デジタル業務推進部の部⻑として、博報堂のデジタル対応をリード。スタートアップCMOを経て、2017年トランスコスモス⼊社。常務執⾏役員として、デジタルトランスフォーメーション総括の共同総括責任者を務める。
NAGAI Koichi
NAGAI Koichi
COO
2007年に博報堂DYメディアパートナーズに入社し、テレビのバイイングからプランニングまで携わった後、博報堂で営業の立場でのメディア担当を経験。デジタルメディアの営業を基軸としながら、オフラインメディアの知見を活かし、オンオフ統合のプランニングを数多く担当。博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂で得た知見を活かし、2020年1月からトランスコスモスにジョイン。オフラインメディア領域のスペシャリストでありながら、オンライン領域との横断的プランニングも可能。
TSUKAMOTO Koji
TSUKAMOTO Koji
CMO
オン・オフ領域をつなぐ広告ソリューションスペシャリスト。PRプランナー、プロモーション・プロデューサーを経験し、2013年4月より読売広告社のプロモーション・プランニングディレクターとして活躍。2017年に富士フイルム「写ルンです」リブランディングプロジェクトでJPMプランニングソリューションアワード金賞受賞。2019年4月ヤフー入社。ヤフーマルチビッグデータから生活者インサイトの発掘、ユーザー分析などデータコンサルティングを経験。2020年7月からTCIにジョイン。
TANIOKA Chansu
TANIOKA Chansu
Creative Director
博報堂プロダクツでデジタルクリエイティブを軸にセールスプロモーションを10年担当。その後、マッキャンワールドグループのモメンタムジャパンにてCDとして、Microsoft、MasterCard、Adidas、CCJC、PVM、Samsung社など、IMC型のブランドコミュニケーションデザインを担当。TVCM、WEB動画、デジタルコンテンツAR、VR、MR、リアルイベント(PR発表会)、メディア連携プロモーションなども幅広く手かけ、ADFEST 2019 MEDIA LOTUS 「Godzilla Nights Promotion」 Silver 受賞など多数。